突発性難聴|鍼灸の効果

突発性難聴に鍼灸治療は効果がありますか?

突発性難聴の治療に鍼は効果があるのか?

三つの要件を鍼治療すれば効果が上がります。

ステロイドの点滴や鼓室内のステロイドを注入しても良くならなかった重度の突発性難聴も、三つの要件を鍼治療することで60パーセント方に症状の改善がみられます。

  • ストレスの鍼治療
  • 耳梗塞の鍼治療
  • 突発性難聴のタイプに合わせた治療
突発性難聴|スケールアウトの回復を喜ぶ鍼灸師
  • 鍼治療で重度の突発性難聴が回復

    鍼灸治療でスケールアウトが改善

    入院してステロイドとプロスタグランジンE1の点滴治療をしても聴力が改善されず、全周波数でスケールアウトのまま退院された患者様です。

    治療前

    顔の血流低下 治療前サーモ画像

    治療後

    顔の血流低下 治療後サーモ画像

    8回の鍼灸治療でスケールアウトが改善しまいた。そのまま治療を続けると40デシベル程度まで良くなるケースが多いのですが、ご本人希望もあり、近くの鍼灸院に転院されました。

    鍼治療はなぜ効くのか? 突発性難聴治療開始後の聴力変化の過程

    突発性難聴の鍼灸治療を公的に研究している機関はないのですが、突発性難聴に鍼治療は有効です。また、鍼治療にはステロイドの治療効果とは違った作用があるようです。突発性難聴だけに限れば、有効率は京都大学で治験が行われた「急性高度難聴症例に対する生体吸収性徐放ゲルを用いたリコンビナント・ヒト・インスリン様細胞成長因子1内耳投与による感音難聴治療の検討」に近い効果があります。

ストレスの鍼治療をする

突発性難聴の原因のベースはストレスです。

カラダにストレスがかかると毛細血管の血流が低下して、免疫力が下がることが知られています。ステロイドが効果のない方はストレスが未可決のことが多いです。

  • 顔の血流を高める鍼治療をする
  • 手足の血流を高める鍼治療をする
  • 内蔵の血流を高める鍼治療をする
突発性難聴|ストレスを治す鍼灸師
  • 鍼灸治療でストレスを跳ねのける

    ストレスを治す鍼治療

    困ったときは顔が青くなる

    ストレスで交感神経が緊張すると、顔の血流や手足の血流が低下します。それに伴って免疫力や自然治癒力が低下するので病気が治りにくくなります。耳鼻科のお医者様が関心を持たない突発性難聴の原因の一つです。血流が低下していることが習慣となると突発性難聴が治らなくなることや再発の原因となります。

    治療前

    顔の血流低下 治療前サーモ画像

    治療後

    顔の血流低下 治療後サーモ画像

    顔の血流 治療前・治療後

    鍼治療をすると、脳の中にセロトニンをいうホルモンができます。抹消の血流を改善するので安定して顔の血流が戻ります。免疫力が高まり突発性難聴が回復しやすくなります。

    ストレスの検査

    現代の医学でもストレスを画像診断することはできません。ほとんどがアンケイートでの回答様の検査になります。ストレスを処理する脳内の場所は体温を調整する中枢があるので、サーモグラフィーで全身をマッピングするとストレスの状態が確認できます。ストレスの状態に合わせて鍼治療をすると、突発性難聴の原因となっていたストレスがはねのけることができます。

耳梗塞の鍼治療をする

突発性難聴の原因の一つは耳梗塞

耳鼻科の先生の中では、突発性難聴は内耳の血管で梗塞が起きていると考える先生が増えています。事実、脳梗塞の治療を応用される病院も多いです。

  • ふくらはぎの血流を高める治療をする
  • 椎骨動脈の血流を高める治療をする
  • 首の側弯を治す治療をする
突発性難聴|耳梗塞を治す鍼灸師
  • 鍼治療で蝸牛の血流を改善する

    蝸牛の血流を良くする鍼治療

    エコノミークラス症候群

    血栓ができやすくなります。
    突発性難聴になった患者様のほとんどで、ふくらはぎの温度が低下しています。ふくらはぎで静脈瘤ができている患者様も多いです。ふくらはぎは第二の心臓と言われています。ふくらはぎの収縮が筋肉のポンプの役割をして体の細部に血液を送ります。 ふくらはぎの異常が原因で肺塞栓症や脳梗塞になるエコノミークラス症候群は良く知られています。突発性難聴の原因となる蝸牛の動脈はとても細く、全身の血液量の1万分の1が供給されていると言われます。肺や、脳の動脈をすり抜ける大きさの血栓でも十分に梗塞を起こしてしまいます。

    治療前

    ふくらはぎの血流低下 治療前サーモ画像

    治療後

    ふくらはぎの血流低下 治療後サーモ画像

    ふくらはぎの血流 治療前・治療後

    ふくらはぎの血流を良くする事で、内耳の血流や免疫力を改善する事ができます。当院は以前から脳梗塞の後遺症の鍼治療に取り組んできました。その治療を応用することで耳梗塞の状態も効果的に改善できます。

    梗塞を起こさない鍼治療

    私たちは、長年、脳梗塞の後遺症の鍼治療に取り組んできました。そうした中で、突発性難聴になる患者様や、突発性難聴がステロイドで良くならない患者様のほとんどが、脳梗塞をおこしやすエコノミークラス症候群になりやすい素因を持っていることを発見しました。エコノミークラス症候群になりやすい素因を鍼治療で改善すると効果的に突発性難聴の症状を治すことができます。。

突発性難聴の鍼治療をする

難聴のタイプに合わせた治療を行います

突発性難聴の患者様の鍼治療をする中で、突発性難聴には三つタイプがあることを発見しました。タイプに合わせて鍼治療をすることで鍼治療の効果を最大に高めることができます。

  • ストレス原因の突発性難聴
  • 血液循環が原因の突発性難聴
  • ウイルスが原因の突発性難聴
労災保険が使えると非常に助かります
  • タイプごとにツボを変えて治療する

    3つのタイプがある突発性難聴

    耳だけでなく全身症状を診る

    体の異常があり、一番免疫力の弱い内耳にしわ寄せがでていることが多くあります。突発性難聴に至った経過と現状を調べることで突発性難聴に至った原因で三つのタイプがあることがわかりました。

    ストレスが原因の突発性難聴
    ストレスが原因の突発性難聴
    血液循環が原因の突発性難聴
    血液循環が原因の突発性難聴
    ウイルスが原因の突発性難聴
    ウイルスが原因の突発性難聴

    単に内耳の状態だけでなく、体の全身症状を調べて治療をすることで、突発性難聴になった原因から治すすことができます。鍼治療の効果が最大限に生かせる治療です。カラダ全体の状態が底上げされること内耳の治癒力を高めます。突発性難聴は、耳だけの病気ではなく、全身的な障害が原因で耳に現れた症候群のようです。

    Aタイプ ストレスが原因の突発性難聴

    突発性難聴 Aタイプ サーモ
    突発性難聴 Aタイプ 治療前のオージオグラム
    突発性難聴 Aタイプ 治療後のオージオグラム

    突発性難聴側の首の温度が下がります。 同じ姿勢で仕事を長時間するストレスが多い方がなりやすい突発性難聴のタイプです。 オージオグラムは低音域が下がる傾向があります。鍼治療がとても効果のある突発性難聴です。 サーモグラフィーとオージオグラムは、入院してステロイドの治療を受けた直後のデーターです。 ステロイドで変化のなかった聴力が鍼治療で改善しています。 低い耳鳴りや耳のつまった感じがでますが、聴力の回復とともに症状がなくなります。

    Bタイプ 血液循環が原因の突発性難聴

    突発性難聴 Bタイプ サーモ
    突発性難聴 Bタイプ 治療前のオージオグラム
    突発性難聴 Bタイプ 治療後のオージオグラム

    首の側彎と軽度の炎症があります。 過去にむち打ちや腰痛がある方がなりやすい突発性難聴のタイプです。 睡眠時に、内耳の血流が悪化する事が多いので、朝起きた時に異常に気が付く突発性難聴です。 オージオグラムは中音や低音が落ちる事が多くあります。鍼灸治療が効果的な突発性難聴です。 サーモグラフィーとオージオグラムは、通院してステロイドのお薬を飲み終わった直後のものです。 ステロイドの治療で変化なかった聴力が、首の血流を良くする鍼治療で改善しています。

    Cタイプ ウイルスが原因の突発性難聴

    突発性難聴 Cタイプ サーモ
    突発性難聴 Cタイプ 治療前のオージオグラム
    突発性難聴 Cタイプ 治療後のオージオグラム

    首に強い炎症があります。 風邪をひいた後や、発熱した後、予防接種の後になりやすい突発性難聴のタイプです。 突発性難聴の発症時に、めまいを感じる事が多くあります。難聴のレベルも高い方が多くいます。 オージオグラムは全体的に低下します。鍼治療がやや効果のあるタイプの突発性難聴です。

    突発性難聴の原因

    突発性難聴はいろいろな検査をして病名がわからなかった残りの疾患が突発性難聴と診断されます。ただ、突発性難聴になった経路を詳しくさかのぼると、突発性難聴に向かってく体の異常があることが多いです。そうした水面下の異常まで調べて対応すると突発性難聴を良くするチャンスが多く生まれます。ステロイドは副作用が強く鬱になることや骨がもろくなることが知られています。突発性難聴でステロイドで効果が無かったら、鍼治療をご検討ください。

突発性難聴の鍼灸院

西洋医学の代替え医療として突発性難聴の鍼灸治療に取り組んでいます

オージオグラムの検査は鍼灸師が受け持つのでオージオグラムからの情報を鍼灸治療にダイレクトに生かします。西洋医学的な検査を基盤にしながら未病を治す東洋医学の治療を最新の設備で受けていただくことができます。お耳の状態が悪くても、スタッフが患者様の立場に立って対応させていただきますので、お困りのことがありましたらどんなことでもご相談ください。

オージオグラム検査

スタンダードタイプ

鍼治療専用の聴力データーを取って鍼治療をします。

エコー検査

ハイグレードタイプ

頭部への血流の流れを確認して鍼治療をします。

サーモ検査

オリジナルタイプ

ストレスの状態が目で見てわかります。

治療のご予約・お問い合わせ

鍼灸治療は全て予約制となります

0120-89-16-89

受付時間 7:00-19:00(日・祝は15時まで)

公衆電話や携帯電話からはつながらないことがございます。
その際は、 026-248-1057 へお電話ください。

当院運営サイト