聴神経腫瘍後遺症の治し方

森上鍼灸整骨院 | 聴神経腫瘍後遺症

突発性難聴と聴神経腫瘍後遺症

聴神経腫瘍後遺症 埼玉県 鈴木 修様

突発性難聴、メニエール病、外リンパ瘻・・・治らないめまい。 結局、原因は聴神経腫瘍でした。 早い時期にと決断した手術。分かっていましたが、手術後の後遺症に悩みました。 でも、おかげさまで、手術後の後遺症も徐々に改善しています。

埼玉県 鈴木 修様

森上鍼灸整骨院の吉池です。
手術後の聴神経腫瘍後遺症の鍼灸治療に取り組んでいます。

突発性難聴に比べて聴神経腫瘍の症状はゆっくり進むと言われていますが、急激に始まる例も多くあります。手術になることも多いのですが、手術後の耳鳴りやめまい、顔面神経麻痺に悩まれることも多いです。そんな症状を緩和する針治療に取り組んでいます。手術の状態にもよるのですが、お困りの症状が完全に治ることも多いです。

聴神経腫瘍の手術後のめまい、耳鳴り、顔面神経麻痺など、不安なことがありましたら、聴神経腫瘍後遺症の無料メール相談からご相談ください。

院長 吉池 弘明

森上鍼灸整骨院

科学的な耳鼻科疾患の鍼灸治療に取り組んでいます

受付スタッフ
音響療法と鍼治療の風景
突発性難聴の鍼治療風景

オージオグラムを使った聴力検査や、エコーを使った内耳への血流状態の検査、サーモグラフィーを使ったストレスや自律神経のバランス異常の検査はすべて鍼灸師が行い、些細なことまでその後の鍼灸治療に生かします。

オージオグラム検査

オージオグラム検査

聴き分ける力に重心をおいて骨導と気導の検査をします。

エコー検査

エコー検査

日常生活で一番多い姿勢で、内耳への血流を検査します。

サーモ検査

サーモ検査

自律神経のバランスとストレスの状態を検査します。

治療のご予約・お問い合わせ

鍼灸治療は全て予約制となります

0120-89-16-89

受付時間 7:00-19:00(日・祝は15時まで)

公衆電話や携帯電話からはつながらないことがございます。
その際は、 026-248-1057 へお電話ください。

よくあるご質問

当院運営サイト