急性低音障害型感音難聴の鍼治療

低音障害型感音難聴の治療


良くなったり、悪くなったり、耳に水が入ったような感じがします。
耳鼻科の先生の良くならないという言葉で、精神的に参ってしましました。
鍼治療でもやってみるかと思って始めた治療・・・。
今までの治療は何だったんだ?と思うほど良くなりました。(長野県 竹前 友子様)

はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で西洋医学の代替医療として鍼灸治療に取り組んでいます。

低音障害型感音難聴は耳鼻科では再悪化を繰り返す病気と言われていますが、
耳鼻科の先生がびっくりするほど、鍼灸治療でよくなります。

低音障害型感音難聴が一般的に知られる前から
私たちは、独自の方法で低音障害型難聴には特徴がある事が分かっていました。

全国から問い合わせが多いためホームページ上で説明する事となりました。
低音障害型難聴は完治します! 吉池弘明

2017/07/21

急性低音障害型感音難聴

急性低音障害型感音難聴の始まり

音が二重に聞こえる女性 低音がこもって聞こえる女性 自分の声が頭で響く男性

急性低音障害型難聴は、女性は30代、男性は40代をピークに起こります。
症状が悪化する前から、鼻かぜを引いた感じがしたり、疲れてたまったりします。

イライラしたり、頭にきたりすることで始まります。
発症の前後で、バランスを崩すことが多くなります。

急性低音障害型感音難聴の症状

急性低音障害型感音難聴で聴力が低下する音の高さ

プールで耳の中に水がつまったような感じが続きます。

左右の耳で聴力の差が出ると、音が二重に聞こえます。内耳に水がたまった状態なので、低い音が聞こえなくなります。 音の聞こえが苦痛になると、徐々に脳の元気がなくなり、不安、不眠、肩こり、腰痛等々の不定愁訴が強くなることがあります。 急性低音障害型感音難聴は蝸牛だけにリンパがたまった状態と考えられているので蝸牛メニエールと言われることもあります。

急性低音障害型感音難聴の原因

急性低音障害型感音難聴の原因

適度なストレスは体調を整えて
体の動きを良くしますが・・・。

ストレスが長時間続くと
自律神経のバランスが崩れて水分の代謝に異常がでます。

背中や足の体温が低下して
ホルモンのバランスが変化します。

顔と背中、足の温度が低下します。

困ったことがあると顔が青くなるというように
ストレスが原因で顔と下半身の温度が徐々に低下します。

強いストレスは急激な体調の変化として現れますが
我慢できる程度のストレスが長期間つづくと

ストレスに立ち向かうようにホルモンバランスが変化します。

ストレスホルモンの増加

交感神経の緊張が長期間続くと別名ストレスホルモンと呼ばれる抗利尿ホルモンの濃度が高くなります。 抗利尿ホルモンは、哺乳類が尿の痕跡消すことで、強い動物に食べられないように働くホルモンで、オシッコの出を抑えて体に水分をため込みます。

抗利尿ホルモンが蝸牛に働くと蝸牛にリンパをため込みます。
リンパがたまりすぎて聴細胞を圧迫すると、急性低音障害型感音難聴が始まります。

※最近、高画質のMRIと造影剤を組合すことで、内耳のリンパを確認することができるようになりました。
急性低音障害型感音難聴のMRI診断

ストレスを抱える女性

急性低音障害型感音難聴の経過

低音の難聴が反復します。

急性低音障害型感音難聴は、難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚障害を反復します。

ストレスが原因で内耳のリンパ液がたまると、耳がつまった感じや低い音が二重に聞こえる、自分の声が頭で響く等の症状がでます。治療により症状は良くなりますが、ストレスがかかるとまた悪化します。

難聴が反復するうちに症状が改善しなくなるケースや、難聴が改善していても、急激なめまいが始まりメニエール病に移行するケースがあります。

急性低音障害型感音難聴の治療

西洋医学的な急性低音障害型感音難聴の治療

耳鼻咽喉科の医師

利尿剤とビタミン剤が使われます。

急性低音障害型感音難聴は、発症時に突発性難聴と区別がつきません。
突発性難聴と区別がつかないために、突発性難聴と同じステロイドを使った治療がされます。

突発性難聴は繰り返しませんが、急性低音障害型感音難聴は悪化を繰り返すので、突発性難聴の治療中に症状が悪化した場合急性低音障害型感音難聴の治療に変更されます。

飲みづらいシロップ状のイソバイドや、メチコバールと言ったお薬が処方されます。また、先生によっては漢方薬を併用する先生もいます。

東洋医学的な急性低音障害型感音難聴の鍼灸治療

鍼灸師

体の機能を整える自然派治療

緊張した交感神経を緩めることで、全身の血流を改善します。

ストレスには、物理的なストレス、化学的なストレス、精神的なストレスがあります。

鍼灸治療は、物理的なストレス、精神的なストレスを改善するのに効果的です。姿勢筋や側彎がある場合や筋力が弱い女性は物理的なストレスを多く感じるようになります。精神的に繊細な人は精神的なストレスを多く感じやすくなります。

鍼治療は体の筋肉を柔らかくすることで、物理的なストレスを受け流しやすい体を作ることができます。自律神経を刺激することで精神的な緊張をリセットすることができます。 自律神経を安定させることでストレスホルモンの分泌を抑えて水分の代謝を促進します。

鍼治療で良くなった急性低音障害型難聴

急性低音障害型感音難聴治療前のオージオグラム
来院時のオージオグラム
急性低音障害型感音難聴治療後のオージオグラム
治療1カ月後のオージオグラム

急性低音障害型感音難聴には鍼治療が良く効きます。
鍼治療をしていることを知らない耳鼻咽喉科の先生がびっくりすることもしばしばあります。
オージオグラムは耳鼻咽喉科の先生に治らないといわれて、悲観をして来院された患者様のオージオグラムです。

ストレスで低下した顔の血流
治療前
鍼灸治療で改善した顔の血流
治療後

精神的なストレス

我慢できる程度のストレスに長期間耐え続けると、喉仏から上の血流が低下します。内耳のリンパの流れが悪化して免疫力もさがります。

精神的に過敏な方が起こる症状で、頭痛やめまい、みみなりに悩まれる患者様が多くいます。

鍼治療で精神的なストレスが改善すると自然に血流が改善します。免疫力も回復するので内耳の障害が治りやすくなります。

ストレスで低下した腰の血流
治療前
鍼灸治療で改善した腰の血流
治療後

腰の血流を上げる

長期期間のストレスが原因で自律神経のバランスをくずすと腰の血流が悪化します。

腎臓と同じ脊髄分節の温度が低くなると腎臓の機能も低下します。水分の代謝が低くなり、むくみやすい体質になります。

鍼治療で自律神経のバランスが整えば徐々に腰の血流が改善します。水分の代謝が改善して急性低音障害型難聴の再発を防止できます。

ストレスで低下したふくらはぎの血流
治療前
鍼灸治療で改善したふくらはぎの血流
治療後

足の血流を上げる

水分の代謝が悪くなると、下半身の温度が低下します。
コップに水がたまるように、脚から水がたまってむくんできます。

脚に水がたまったまま就寝すると、コップが倒れて水がこぼれるように、水分が上半身に流れ込みます。内耳も水分であふれるようになります。

鍼治療で自律神経のバランスを整えると、下半身の水分代謝が良くなります。急性低音障害型感音難聴の再発を防いで回復を早めます。

局所の耳の治療

急性低音障害型感音難聴の鍼治療

耳の周りのツボを使って内耳のリンパの流れを良くする治療ををします。
リンパの代謝を改善することで、低音の難聴を良くします。

低音の難聴が良くなると、耳閉感や耳鳴りが改善します。
再発を繰り返す疾患なので、ストレスを治療して再発を防ぎます。

定期的にオージオメーターを使って聴力の測定をします。
(オージオメーターの検査は当院でできます)
聴力の回復状態により音響療法を加えます。

スーパーライザーを使った治療

急性低音障害型難聴の星状神経ブロック

スーパーライザーを使って交感神経の緊張をとります。
交感神経に麻酔をする治療(星状神経ブロック)もありますが、当院では、副作用や危険性の面からスーパーライザーを使っています。 スーパーライザーと鍼治療をすることで星状神経の緊張が取れると、免疫力が高まり、蝸牛の血流やストレスが改善されます。

リンパの流れを改善するため音響療法を併用します。

突発性難聴の聴力を検査する
オージオグラムの検査
耳鳴り用CDを制作する
音響ソフトを使ったCDの制作

オージオメーターで測定したオージオグラムをベースにしてCDの音源を加工します。

患者様の聴力のレベルに合わせたCDを作成して、骨導のヘッドフォンで音楽を聴きながら治療をします。
骨導ヘッドフォンは振動を内耳に直接届けることができるので、リンパの流れを改善するのに最適です。
週1~3回程度で六カ月ほどかけて治療をすすめます。

発症から月日が過ぎても、音が聞こえやすくなったと言う患者様が多くいます。
低音障害型感音難聴の後遺症を治療するにも効果があります。

急性低音障害型感音難聴の治療費

急性低音障害型感音難聴の鍼治療費


治療部位
解剖学的に体を区分けした部分を部位といいます。

急性低音障害型感音難聴の治療と、体の治療を組み合わせて行います。

急性低音障害型感音難聴の治療

局所の耳の治療となります。
初診料 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 290円
※鍼の材料費が別途かかります。

□ 体の治療

頸椎の側彎や下肢の血流等、急性低音障害型感音難聴の障害となる部分の治療をします。
治療範囲は診察した上でご提案します。

治療にあたり要件を満たすと5部位までは保険を使って治療ができます。
保険の範囲を超えた部位は自費での治療となります。

整骨院の保険

外傷性の痛みに3部位まで使えます。

鍼灸院の保険

慢性の痛みに、2部位まで使えます。
鍼保険を使うことで、より効果のある治療ができます。
鍼保険の利用には医師の診断書が必要になります。
※医師の診断書は当院で手配します。

自費での治療

保険の適応範囲を超えた部位について1部位290円となります。

※保険が適応できない場合、3部位までは1部位600円となります。
※鍼治療には鍼の材料費が別途かかります。
※ご予算の中で治療を組み立てることも可能です。
※必要に応じて治療見積もりをお作りします。

■ 治療回数について

発症直後で症状が強い場合は、毎日の治療となります。
症状の再発を繰り返す場合は、一週間に1回から3回の治療となります。
通院が困難の場合、通院可能な日に合わせて治療計画を立てます。


急性低音障害型感音難聴の治療費
初診 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 1部位290円
音響CDの作成 5,400円
カウンセリング 10分1,080円
パイオネックス 無料
体の治療費  (詳しくはこちら>>>)
整骨院の健康保険 1~3割
鍼灸院の健康保険 1~3割
保険適応外 1部位290円
検査費用
サーモグラフィー 1,080円
モアレトポグラフィー 540円
オージオグラム 2,160円
材料費  (資料はこちら>>>)
スタンダードタイプ 1本17円
ハイグレードタイプ 1本21円
オリジナルタイプ 1本26円
風船に鍼を刺す鍼治療の練習

鍼治療は体の奥からじっくり治す優れた治療方です。臨床経験が豊富なスタッフがチームを組んで治療にあたりますので、安心してご来院下さい。

※各種の保険の中から、適応ができる保険を提案します。 詳しくはこちら>>>

※治療前に必要に応じて治療見積もりをお作りします。

※症状に対するご相談がある場合は遠慮なくお申し付けください。
初診日、診察日以外で相談をお受けした場合、カウンセリング料がかかります。カウンセリングは始めの10分までを1,080円とし、以降1~10分ごとに1,080円づつ加算されます。

急性低音障害型感音難聴の鍼の種類について

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
西洋医学の代替医療として突発性難聴の鍼灸治療に取り組んでいます。
Copyright(C)2014森上鍼灸整骨院AllRightsReserved.
耳鳴り、耳閉感の改善用CDセット