ステロイド依存性感音難聴の鍼治療

ステロイド依存性感音難聴の治療


「ステロイド依存性難聴かな・・・。」先生のその言葉のあとからステロイドを飲んでいます。
耳の調子はいいのですが、体調が悪くなり、心配で鍼治療を始めました。
少しずつ聴力が回復しているので、ステロイドを減らす相談を耳鼻科の先生としようと思います。
(群馬県 斉藤 愛様)

はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で西洋医学の代替医療として鍼灸治療に取り組んでいます。

ステロイド依存性感音難聴は、一定量のステロイドを使うと耳の調子が維持できる難聴です。
ステロイドが効果のない時には、免疫抑制剤が効果がある事も知られています。

どうも、女性に多いらしく、
相談にみえる患者様のほとんどが30代の女性です。

治療はリウマチや膠原病の治療と同じように 自律神経のバランスをとりながら、
免疫力を正常に戻す様に体を助けます。

他の自己免疫疾患の様に、完治は難しのですが、かなり調子を良くすることができます。
聴力が回復したら、 耳鼻科の先生とステロイドの漸減を相談します。 吉池弘明

2017/07/21

ステロイド依存性感音難聴

ステロイド依存性感音難聴の始まり

めまいで立てない男性 めまい動けない女性 めまいがする男性

突発性難聴と言われ、ステロイドを使うと症状が良くなります。

二度はならないといわれる突発性難聴になり
また、ステロイドを使うと良くなります。

そんなことを繰り返すうちに、ステロイドの量を増やさなければ難聴が改善しなくなり
ステロイド依存性難聴の疑いがかかり診断されます。

ステロイド依存性感音難聴の症状

音がこもったり、響いたりします。
めまいがある事や耳鳴がでることがあります。

ステロイドを使用することで症状が改善することが多いのですが、ステロイドの量を減らすと症状が悪化します。
片耳から難聴がはじまることが多いのですが、最終的に両耳に難聴が起こります。

30代から40代の女性に多く、妊娠や出産を契機に始まることや、悪化することがあります。

ステロイド依存性感音難聴の原因

ステロイド製剤や免疫抑制剤を使うと聴力が維持できるので
自分の免疫細胞が自分の内耳を攻撃してしまう自己免疫疾患と考えられています。

内耳は他の臓器のように生検をすることができません。
ステロイドの量を変えて難聴が悪化するか確かめる検査もできません。

そんなことから、ステロイド依存性感難聴の診断は、長い経過観察がないとできないのが現状です。

ステロイド製剤

腎臓の上、副腎から作られる糖質コルチコイドを人工的に合成したお薬です。
第二次世界大戦中に、兵士を元気にするために作り出されました。

免疫細胞が作り出すサイトカインの分泌を抑えて炎症を強力に沈めます。
たんぱく質を糖質に変えて脳にエネルギーを運びます。

※サイトカイン・・・リンパ球が作り出すタンパク質で数十種類あります。
免疫細胞に情報を伝えて活動を活性化したり抑制したりします。

自己免疫疾患は免疫細胞の痴呆症!

リンパ球に攻撃される蝸牛

自分の体を守るはずの免疫細胞に攻撃されてしまいます。

体全体を攻撃される場合と、特定の部分を攻撃される場合があります。
遺伝やストレスが原因だと考えられていますが、はっきりした事は不明です。

ストレスが原因の自己免疫疾患は、ストレスで免疫力が急激に低下した時に起こります。一部のリンパ球が免疫力を上げようとして過剰に反応するためだと考えられています。

免疫細胞は複数の種類の免疫細胞が強力して外敵を攻撃します。その時にリンパ球が他の免疫細胞に情報を伝えるためサイトカインを放出します。

自己免疫疾患では、一部のリンパ球が間違ったサイトカインを出すことで、免疫細胞が自分の体を外敵として攻撃してしまいます。

ステロイド依存性感音難聴の経過

ステロイド依存性感音難聴をステロイドで治療する女性

悪化を繰り返します。

原因不明で両耳の聴力が低下します。

両耳同時に悪化することは少ないので突発性難聴と診断されて、副腎皮質ステロイドで治療されるのが一般的です。

ステロイドの治療で聴力が一時 的に改善しますが、突発性難聴と違いステロイドの量を減らすと症状が悪化します。

その後、低音障害型感音難聴として、イソバイドを使った治療が始まりますが、
症状が改善しないので、ステロイド依存性感音難聴が疑われるのが一般的です。

耳鳴がすることが多く、めまいを感じることもあります。

一定量のステロイドか免疫抑制剤を使い続けないと難聴が悪化します。
悪化を繰り返すごとに聴力が低下することが多く、最終的に高度の難聴に進むケースも多くあります。

ステロイド依存性感音難聴の治療

西洋医学的なステロイド依存性感音難聴の治療

耳鼻咽喉科の医師

ステロイドの量を管理します。

ステロイドの量を一気に増やします。
もし、難聴を改善することができたら、その後、徐々にステロイドの量を減らします。

状態を注意深く観察しながら難聴を悪化させないステロイドの量を見つけます。
悪化しないステロイドの量が分かったらその量で固定します。

副腎の機能不全や、骨粗しょう症、免疫力がさがるため感染症になることがあります。
注意深く体の体の負担を確認しながら治療をすすめます。

ステロイドの効果が無い場合は免疫抑制剤を使うことがあります。
難聴が悪化した場合は、人工内耳を検討することもあります。

高安動脈炎(大動脈症候群)、SLE、 ゴーガン症候群、多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫)、顕微鏡的多発血管炎、潰瘍性大腸炎等の自己免疫疾患でもステロイド依存性感音難聴が合併することがあります。 いずれもステロイド剤と抗免疫剤で治療をします。

東洋医学的なステロイド依存性感音難聴の鍼灸治療

鍼灸師

自律神経を治療して免疫を整えます。

ストレスがかかり続けると自律神経のバランスが崩れてしまいます。
体温が下がり免疫力が低下します。

自律神経失調の体温低下は温めても治りません。

体温の低下が恒常的になると、リンパ球が誤動作をする事があります。
リンパ球が間違ったサイトカインを放出することで、自分を守るための免疫細胞が自分を攻撃してしまいます。

当院ではステロイドの代替医療として鍼灸治療に取り組んでいます。自律神経のバランスを整えることで免疫力を正常な状態に戻します。 もし、聴力の回復ができた時には、担当医師にステロイドを漸減するための意見書を提出しています。

ストレスで低下した顔の血流
治療前
鍼灸治療で改善した顔の血流
治療後

顔の温度を戻す

困った時は顔が青くなると言うように、ストレスが限界まで行くと顔の温度が低下します。

顔の免疫力が急にさがると、リンパ球が過剰に反応して自己免疫疾患が起こりやすくなります。

鍼治療をすることでストレスが軽減されると、徐々に顔の温度が戻ります。 免疫力も整うのでテロイド依存型感音難聴が改善しやすくなります。

ストレスで低下した腰の血流
治療前
鍼灸治療で改善した腰の血流
治療後

腰の温度を戻す

ストレスが長期間かかると腰の温度が低下します。

ステロイド製剤を長期に服用した患者様は、肝臓や腎臓のデルマトーム上の温度が低下していることがよくあります。

自律神経のバランスが整ったり、ステロイドの量を減らしたりすることができると徐々に腰の温度が上がってきます。

ステロイド依存型感音難聴の症状も安定します。

ストレスで低下したふくらはぎの血流
治療前
鍼灸治療で改善したふくらはぎの血流
治療後

足の温度を戻す

急激なストレスで交感神経が緊張し続けると
足の温度が低下します。

ふくらはぎは第二の心臓といわれるので
血液やリンパの流れが停滞して免疫力がさがります。

免疫力が急激に下がるとリンパ球が過剰に反応してアレルギーや自己免疫疾患が起こりやすくなります。

鍼治療をすることでストレスが改善すると、足の温度が徐々に上がります。体の血流が改善されて治癒力を上げることができます。

自律神経の治療

突発性難聴の鍼治療

ステロイド依存性感音難聴では、
局所の耳の治療に加えて自律神経の治療ををします。

ストレスを改善することで自律神経のバランス整えます。
サイトカインのバランスをとることで免疫力を整えることができます。

治療範囲はサーモグラフィーで確認して異常のある範囲の治療をします。

ステロイドの治療を続けることが不安な患者様は代替療法として鍼治療をお試し下さい。ステロイドの治療をしながら併用して鍼治療をしても問題ありません。

定期的にオージオメーターで聴力を測定します。(オージオメーターの検査は当院でできます)
聴力が改善したら、担当医とステロイドの漸減を相談してください。(担当の先生への意見書も作成します)
※妊娠、緑内障、特発性大腿骨頭壊死等でステロイド薬が使えない患者様には、特に鍼治療がおすすめです。

鍼治療と免疫についての論文はこちら>>>

スーパーライザーを使った治療

突発性難聴の星状神経ブロック

スーパーライザーを使って交感神経の緊張をとります。
交感神経に麻酔をする治療(星状神経ブロック)もありますが、当院では、副作用や危険性の面からスーパーライザーを使っています。スーパーライザーと鍼治療をすることで星状神経の緊張が取れると、免疫力が高まり、蝸牛の血流やストレスが改善されます。

脳で音を統合するために音響療法を併用します。

突発性難聴の聴力を検査する
オージオグラムの検査
耳鳴り用CDを制作する
音響ソフトを使ったCDの制作

オージオメーターで測定したオージオグラムをベースにしてCDの音源を加工します。

患者様の聴力のレベルに合わせたCDを作成して、骨導のヘッドフォンで音楽を聴きながら治療をします。
鍼治療と併用して左右の耳で音階を聞き分ける治療をすることで、耳鳴り、耳閉感、音の響きが改善します。

音が聞こえやすくなったと言う患者様が多くいます。
オージオメーターで聴力を測定すると、聴力の戻りは少ないのですが、音を感じ取る脳の感覚が敏感になるためだと思います。
そんな脳の優れた能力をとり戻すのに音響療法は効果的です。

ステロイド依存性感音難聴の治療費

ステロイド依存性感音難聴の鍼治療費


治療部位
解剖学的に体を区分けした部分を部位といいます。

ステロイド依存性感音難聴の治療と、自律神経の治療を組み合わせて行います。

ステロイド依存性感音難聴の治療

局所の耳の治療となります。
初診料 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 290円
※鍼の材料費が別途かかります。

□ 自律神経の治療

頸椎の側彎や下肢の血流等、ステロイド依存性感音難聴の障害となる部分の治療をします。
治療範囲は診察した上でご提案します。

治療にあたり要件を満たすと5部位までは保険を使って治療ができます。
保険の範囲を超えた部位は自費での治療となります。

整骨院の保険

外傷性の痛みや炎症があると、3部位まで使えます。

鍼灸院の保険

慢性の痛みや炎症があると、2部位まで使えます。
鍼保険を使うことで、より効果のある治療ができます。
鍼保険の利用には医師の診断書が必要になります。
※医師の診断書は当院で手配します。

自費での治療

保険の適応範囲を超えた部位について1部位290円となります。

※保険が適応できない場合、3部位までは1部位600円となります。
※鍼治療には鍼の材料費が別途かかります。
※ご予算の中で治療を組み立てることも可能です。
※必要に応じて治療見積もりをお作りします。

■ 治療回数について

一週間に2回から3回の治療となります。
聴力の回復がみられたら、担当医にステロイドの漸減をお願いします。
通院が困難の場合、通院可能な日に合わせて治療計画を立てます。


ステロイド依存性感音難聴の治療費
初診 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 1部位290円
音響CDの作成 5,400円
カウンセリング 10分1,080円
パイオネックス 無料
体の治療費  (詳しくはこちら>>>)
整骨院の健康保険 1~3割
鍼灸院の健康保険 1~3割
保険適応外 1部位290円
検査費用
サーモグラフィー 1,080円
モアレトポグラフィー 540円
オージオグラム 2,160円
材料費  (資料はこちら>>>)
スタンダードタイプ 1本17円
ハイグレードタイプ 1本21円
オリジナルタイプ 1本26円
風船に鍼を刺す鍼治療の練習

鍼治療は体の奥からじっくり治す優れた治療方です。臨床経験が豊富なスタッフがチームを組んで治療にあたりますので、安心してご来院下さい。

※各種の保険の中から、適応ができる保険を提案します。 詳しくはこちら>>>

※治療前に必要に応じて治療見積もりをお作りします。

※症状に対するご相談がある場合は遠慮なくお申し付けください。
初診日、診察日以外で相談をお受けした場合、カウンセリング料がかかります。カウンセリングは始めの10分までを1,080円とし、以降1~10分ごとに1,080円づつ加算されます。

ステロイド依存性感音難聴の鍼の種類について

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
西洋医学の代替医療として突発性難聴の鍼灸治療に取り組んでいます。
Copyright(C)2014森上鍼灸整骨院AllRightsReserved.
耳鳴り、耳閉感の改善用CDセット