ラムゼイ・ハント症候群の鍼治療

ラムゼイ・ハント症候群の治療


しばらく体調不良が続いた後に、急にめまいと耳鳴りが始まりました。
その後、顔が動かなくなった時は、不安でいっぱいになったのを覚えています。
あれから二年、おかげさまで、笑顔が作れるようになりました。(新潟県 佐藤翔太様)

はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で西洋医学の代替医療として、鍼灸治療に取り組んでいます。

ラムゼイ・ハント症候群は、子供の頃にかかった水疱瘡が原因です。
耳の奥に逃げ込んで潜んでいたウイルスが、免疫力が下がった時に暴れだします。

顔面神経や聴神経の線維を壊しながら表面まで出てきて水疱を作るので、
顔面神経が壊れたままになると笑顔が作れなくなってしまいます。

私たちの所には、近県から多くのラムゼイ・ハント症候群の患者様が来院されます。
免疫力を上げることで、ウイルスを封じ込めて顔面神経と聴神経を治療します。

笑顔は必ず取り戻せます。吉池弘明

2017/07/21

ラムゼイ・ハント症候群

ラムゼイ・ハント症候群の始まり

顔面神経麻痺の女性 ハント症候群の女性 ハント症候群の男性

ストレスで、神経細胞の免疫力が下がった時に発症します。
体調不良がしばらく続き、場合によっては微熱が出ることもあります。

その後、顔面神経麻痺や耳介の水疱、難聴、耳鳴り、めまいといった症状で発症しますが、
全ての症状が同時に出るわけではなく、一週間以上の間隔が開くこともあります。

患者様の中には、脳外科や耳鼻咽喉科、内科に通院してもしっかりした診断がつかず、
顔面神経麻痺や耳の水疱が出てから、ラムゼイ・ハント症候群の診断がつくケースも多くあります。

ラムゼイ・ハント症候群の症状

ラムゼイ・ハント症候群では、四種類の神経がウイルスに壊されます。
そして、壊される神経の組み合わせによって、5つの型に分けられます。
型によって症状や後遺症に違いが出ます。また、治療方法や治るまでの期間も違ってきます。

■1型-耳の帯状疱疹

耳の痛みと水疱が主な症状です。水疱は耳の中と耳介の後ろに出ます。
耳の知覚神経が細いため、肋間神経や三叉神経のような激しい痛みにはなりません。
副交感神経が混線すると、発症から四カ月を過ぎた頃から、食事中に涙や鼻水が出ることがあります。

■2型-耳の帯状疱疹・顔面神経麻痺

1型の症状に加えて顔面神経麻痺が起こります。
ベル麻痺よりも症状が重くなることが多く、麻痺の回復に時間がかかります
ラムゼイ・ハント症候群の顔面神経麻痺は、後遺症になりやすい顔面神経麻痺です。
運動神経が混線すると、発症から四カ月を過ぎた頃から、まばたきをすると口角が動くようになります。

■3型-耳の帯状疱疹・顔面神経麻痺・難聴

1型、2型の症状に加えて難聴になります。
聴力は全体的に落ちるか、高音が落ちます。まれに、まったく聴こえなくなることがあります。
聴力の低下にともない、聴こえない音域の耳鳴りがするようになります。

■4型-耳の帯状疱疹・顔面神経麻痺・難聴・めまい

1型、2型、3型に加えて、めまいやふらつきが起こります。
めまいは一カ月程度続くことが多く、治りにくいのが特徴です。

■不全型-顔面神経麻痺

耳の帯状疱疹の症状がなく、顔面神経麻痺だけが起こります。
ベル麻痺との鑑別ができないため、後遺症になることが多いラムゼイ・ハント症候群です。

ラムゼイ・ハント症候群の原因

中間神経の帯状疱疹が原因です。

中間神経は耳の外側の知覚を受け持つ神経です。
耳の知覚の他に、舌の味覚や、唾液の分泌、涙の分泌を調整も受け持ちます。中間神経は情報を脳に運ぶ間に神経節(神経細胞の集まり)があるので、そこに潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが再活性化して神経炎をおこします。中間神経の線維が混線すると食事中に涙が出る「ワニの涙」といった後遺症が起こります。

解剖的には、顔面神経と中間神経、内耳神経は並んで走行していて、通常は顔面神経と中間神経を含めて顔面神経と呼ばれています。

ラムゼイ・ハント症候群の経過

ラムゼイハント症候群

神経線維が残ってれば、ゆっくりとしたペースで症状が改善します。
四カ月を経過した頃から、型に合わせて経過の差が出てきます。

2型では、瞼を動かすと耳鳴りがする症状が出やすくなります。
3型では食事の時に、涙や鼻水が出やすくなります。
2型、3型、4型で、目を閉じる筋肉と、口をすぼめる筋肉が一緒に動くようになります。

不全型では、ベル麻痺と間違えられて治療されることが多く、四カ月を経過した頃から、麻痺が拘縮に代わり、顔が引きつることや、病的な協調運動が出ることがあります。

こういった症状は、三カ月を経過した頃から、型に合わせた治療をすることで防ぐことができます。

ラムゼイ・ハント症候群の治療

西洋医学的なラムゼイ・ハント症候群の治療

耳鼻咽喉科の医師

お薬を使って治療します。

発症時は、ステロイドと抗ウイルス剤を使って治療をします。その後は、神経の回復の手助けをすると言われているビタミン剤と、血液循環や代謝を良くするお薬が使われます。

抗ウイルス剤

抗ウイルス剤は、ウイルスの増殖を抑えるお薬です。増殖したウイルスを除去する効果はありません。水痘・帯状疱疹ウイルスが神経の中でピークまで増殖した後では効果がないので、ラムゼイ・ハント症候群では、一刻も早く病院に行って治療を開始しましょう。

完全麻痺では、入院してステロイド薬と抗ウイルス剤、循環改善薬の点滴をします。治療の結果、顔面神経麻痺が改善しない場合は、耳の後ろの骨を削って顔面神経の圧迫を開放する手術をすることもあります。

私たちがするラムゼイ・ハント症候群の治療

鍼灸師

ストレスを改善して、顔面神経が再生しやすい環境を整えます。免疫力を高める治療、顔面神経の治療、難聴と耳鳴りの治療、顔の血流を良くする治療を総合的にします。

体調を整える。

発症から四カ月は、免疫力を高める治療と血液循環を改善する治療をします。
体の免疫力を高めることで、水痘・帯状疱疹ウイルスを抑え込みます。
血液循環を改善することで、顔面神経の腫れを引かせて再生力を高めます。
ラムゼイ・ハント症候群はウイルス疾患なので、一時的に回復基調に見えても、ウイルスが増殖することで再悪化することがあります。そうしたことがないように免疫力を上げます。

型に合わせた治療をする。

発症から四カ月が過ぎたら、ラムゼイ・ハント症候群の型に合わせた治療に変更します。
耳の神経を痛めた患者様は、聴力の回復と耳鳴りを改善する治療をします。副交感神経のバランスをとることでワニの涙を防ぎます。めまいが強い患者様には、めまいに関係する神経を治療することで、めまいの症状を改善します。

顔面神経麻痺の治療では、麻痺した筋力を増強するよりも、左右の表情の差を治療します。顔の表情のバランスをとるリハビリをすることで、病的な異常運動を防いで顔の表情を取り戻します。

免疫力を高める治療

体の血流を改善することで、顔面神経の腫れをひかせて免疫免疫力を高めます。

ラムゼイ・ハント症候群を治す障害(体の側彎治療前)
治療前
ラムゼイ・ハント症候群を治す障害(体の側彎治療後)
治療後

顔の血流を改善する。

困ったことがあると顔が青くなると言うように、ストレスがかかると顔の血液循環が低下します。

一定の期間、顔の血液循環が悪化すると、水痘・帯状疱疹ウイルスが神経節で再活性化して、ラムゼイ・ハント症候群になりやすくなります。血流が悪いと、免疫力の低下や顔面神経の腫れが引かない原因になります。

後遺症を防ぐためにも顔の血流を上げます。


ラムゼイ・ハント症候群を治す障害(星状神経の緊張で血流が低下した手)
治療前
ラムゼイ・ハント症候群を治す障害(星状神経の緊張がとれて血流が改善した手)
治療後

手の血流を改善します。

手と顔の血流を調整する自律神経は共通なので、手の血流を改善することができれば、顔の血流も改善します。

血流が改善することで、神経や筋肉の再生力が上がり、免疫力も高まります。ラムゼイ・ハント症候群を治すには必要な条件です。

ストレスで低下したふくらはぎの血流
治療前
鍼灸治療で改善したふくらはぎの血流
治療後

足の血流を改善します。

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。

ふくらはぎの血流が低下することで、心筋梗塞や脳梗塞になるエコノミークラス症候群は良く知らています。

ふくらはぎの血流の低下は、脳の血流の低下や、内耳、顔面神経の血流低下につながるので、足の血流を上げることで顔面神経再生の基盤を作ります。

当院に来院されるラムゼイ・ハント症候群の患者様の9割は、ふくらはぎの血流が低下しています。西洋医学的には問題にされない部分ですが大切な部分です。

顔面神経の治療

ラムゼイ・ハント症候群の鍼治療

顔面神経の再生を助けます。

鍼治療は、顔面神経の再生力を高めます。
人工的に顔面神経を傷つけることで、顔面神経の自然治癒力を助けます。

鍼治療で傷つけられた顔面神経は、ゆっくりと再生を始めます。
鍼の傷はおおむね24時間をかけて治ります。特に夜間、成長ホルモンが出だすと、体の再生が強くなります。

成長はホルモンは大人でも出るホルモンで、大人になると体の傷を治すのに使われます。午後11時~午前1時の夜間に出ると言われているので、鍼治療をした日は早めに休むようにしましょう。置き鍼をするので、休む前に鍼を押してから休むと、顔面神経の治癒力が高まります。

後遺症を防ぎます。

発症から四カ月が過ぎたら、左右のバランスをとる治療に徐々に変えて、病的な協調運動を防ぎます。
鍼を使って健康側の運動を抑制してリハビリをすることで、病的な運動の治療や後遺症の悪化を防ぐことができます。

難聴と耳鳴りの治療

私たちオリジナルの治療で、鍼治療との相性も非常にいい治療法です。

オージオグラムのデーターをもとに、音響レベルを調整したクラシック音楽を骨導ヘッドホンで聴きます。
両耳で音符を拾う訓練をすることで、耳鳴りや耳閉感が改善します。
聴力が固定していた患者様が急に回復するケースがあり、耳鼻科の先生が不思議がることもあります。

音響CDの制作

ラムゼイ・ハント症候群の聴力を検査する
オージオグラムの検査
耳鳴り用CDを制作する
音響ソフトを使ったCDの制作

音響療養で改善したハント症候群の聴力

ラムゼイ・ハント症候群治療前のオージオグラム
発症時のオージオグラム
ラムゼイ・ハント症候群治療後のオージオグラム
治療一年後のオージオグラム

聴力が改善したラムゼイ・ハント症候群の難聴です。
オージオグラムは、鍼治療と音響CDを使った音響療法を併用しています。

耳鼻咽喉科の先生に回復は無理だと言われましたが、回復しているのが分かります。
聴力の回復に伴い、耳鳴りも改善しました。

顔の血流を良くする治療

ラムゼイ・ハント症候群の星状神経ブロック

スーパーライザーを使って交感神経の緊張をとります。
交感神経に麻酔をする治療(星状神経ブロック)もありますが、当院では、副作用や危険性の面からスーパーライザーを使っています。スーパーライザーと鍼治療をすることで星状神経の緊張がとれると、免疫力が高まり、顔面神経再生を助けることができます。

ラムゼイ・ハント症候群の治療費

ラムゼイ・ハント症候群の鍼治療費


治療部位
解剖学的に体を区分けした部分を部位と言います。

ラムゼイ・ハント症候群の治療と、体の治療を組み合わせて行います。

ラムゼイ・ハント症候群の治療

局所の耳の治療となります。
初診料 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 290円
※鍼の材料費が別途かかります。

□ 体の治療

頸椎の側彎や下肢の血流等、ラムゼイ・ハント症候群の障害となる部分の治療をします。治療範囲は診察した上でご提案します。

治療にあたり要件を満たすと5部位までは保険を使って治療ができます。保険の範囲を超えた部位は自費での治療となります。

整骨院の保険

外傷性の痛みに3部位まで使えます。

鍼灸院の保険

慢性の痛みに、2部位まで使えます。
鍼保険を使うことで、より効果のある治療ができます。
鍼保険の利用には医師の診断書が必要になります。
※医師の診断書は当院で手配します。

自費での治療

保険の適応範囲を超えた部位について1部位290円となります。

※保険が適応できない場合、3部位までは1部位600円となります。
※鍼治療には鍼の材料費が別途かかります。
※ご予算の中で治療を組み立てることも可能です。
※必要に応じて治療見積もりを作成します。

■ 治療回数について

聴力が回復する可能性のある期間は毎日の治療となります。
聴力が固定したら、めまい発作を防ぐため一週間に1回から3回の治療となります。
通院が困難の場合、通院可能な日に合わせて治療計画を立てます。


ラムゼイ・ハント症候群の治療費
初診 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 1部位290円
音響CDの作成 5,400円
カウンセリング 10分1,080円
パイオネックス 無料
体の治療費  (詳しくはこちら>>>)
整骨院の健康保険 1~3割
鍼灸院の健康保険 1~3割
保険適応外 1部位290円
検査費用
サーモグラフィー 1,080円
モアレトポグラフィー 540円
オージオグラム 2,160円
材料費  (資料はこちら>>>)
スタンダードタイプ 1本17円
ハイグレードタイプ 1本21円
オリジナルタイプ 1本26円
風船に鍼を刺す鍼治療の練習

鍼治療は体の奥からじっくり治す優れた治療方です。臨床経験が豊富なスタッフがチームを組んで治療にあたりますので、安心してご来院ください。

※各種の保険の中から、適応ができる保険を提案します。 詳しくはこちら>>>

※症状に対するご相談がある場合は遠慮なくお申し付けください。
初診日、診察日以外で相談をお受けした場合、カウンセリング料がかかります。カウンセリングは始めの10分までを1,080円とし、以降1~10分ごとに1,080円ずつ加算されます。

ラムゼイ・ハント症候群の鍼の種類について

当院では、ご要望に応じて3種類の鍼をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
西洋医学の代替医療として突発性難聴の鍼灸治療に取り組んでいます。
Copyright(C)2014森上鍼灸整骨院 All Rights Reserved.
耳鳴り、耳閉感の改善用CDセット