外リンパ瘻の鍼治療

外リンパ瘻の治療


突発性難聴~メニエール病と診断が名が変わり、めまいと、耳鳴りに悩む毎日でした。
たまたま、ネットで外リンパ瘻と言う病気をしり、手術も怖いのでとりあえず鍼治療をしてみました。
思っていたよりも、調子がよくなり感謝しています!(群馬県 高橋 淳様)

はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で西洋医学の代替医療として鍼灸治療に取り組んでいます。

外リンパ瘻は耳の外リンパが漏れる病気ですが、メニエール病と症状が同じです。
唯一の違いは、メニエール病は発作周期がありが、外リンパ瘻は姿勢で悪化します。

私たちは、長年、突発性難聴とメニエール病の鍼治療をしてきましたが、
治らない中に、かなりの確率で外リンパ瘻がある事が分かりました。

外リンパ瘻は、筋肉の柔らかさを保ちながら、姿勢に気を付ける事で治す事ができます。
この頃では、外リンパ瘻の手術後の後遺症にも取り組んでいます。 吉池 弘明

2017/07/21

外リンパ瘻

外リンパ瘻の始まり

女性 女性 女性
耳がつまった感じがして耳抜きをした瞬間にめまいがします。
鼻をすすった瞬間にめまいや耳鳴りがはじまります。
プールで飛び込んだ瞬間にめまいがはじまって上と下が分からなくなります。

こんな感じで外リンパ瘻ははじまります。

外リンパ瘻の症状

めまいがしたり、吐き気がしたりします。
音が聞こえなくなって、水が流れるような耳鳴りがします。

立っていると調子がいいのですが、頭を下げたり、寝たりすると耳鳴りが悪化します。
いきんだり、手足に力を入れると、耳鳴りが悪化します。

聞こえない耳を下にして眠ると、難聴が悪化します。

外リンパ瘻の原因

外リンパ瘻を治す障害(星状神経の緊張で血流が低下した手)
治療前
ストレスで低下したふくらはぎの血流
治療前
外リンパ瘻の原因

手足の温度が低下します。

手足の血流が悪化して、温度が低下足ます。 血液の流れやリンパの流れが停滞するので、いきむ動作や、気圧の変化で脊髄の圧力が上がりやすくなります。

背骨のゆがみがあります。

頭の位置が中心からずれていると、おおむね5キロある頭を耐えす支えるように、姿勢筋の力が入った状態になります。 姿勢筋の緊張度が高まると、血液循環やリンパの循環に悪影響たでます。脊髄圧を上げるような動作がかかった時に、内耳のリンパの圧力にまけリンパが漏れることがあります。

内耳からリンパが漏れます。

蝸牛には二つの窓があります。 両方の窓からリンパ液が漏れる可能性があります。 上の窓からリンパ液が漏れた方が重症になります。耳を綿棒等でつつきすぎたときの起こります。 下の窓から漏れた方が、軽傷の場合が多くなります。

めまい発作で動けない女性

外リンパ瘻の経過

上の窓からリンパが漏れる場合、鼓膜を綿棒等で押して、耳小骨で窓を傷つける場合が多いので、大きな音の場所や、気圧差があると、リンパ液が漏れ続けます。
下の窓からリンパ液が漏れる場合は、頭を心臓の位置よりも上げていると、リンパの圧が上がらないので症状が治りやすなります。さらに、筋肉を固くしないこと、いきむ動作でリンパの圧力を上げないことととをすると効果的に外リンパ瘻を治すことができます。
頭を下げる、クシャミ、鼻をかぐ動作を気負付けることで、外リンパ瘻はより治りやすくなります。


外リンパ瘻の治療

西洋医学的な外リンパ瘻の治療

耳鼻咽喉科の医師

頭を上げて安静にします。

頭を30度程度上げた状態で、ベッドで安静にします。咳、クシャミ等のリンパ圧を上げる動作を注意します。

症状に変化がなければ手術をします。

鼓膜を外した状態でリンパ液が漏れているのを目視して処置します。めまいを止めることはできますが、聴力を取り戻すのはできないことが多い手術です。

東洋医学的な外リンパ瘻の鍼灸治療

鍼灸師

体の機能を整える自然派治療

緊張した交感神経を緩めることで、全身の血流を改善します。 血流を改善することで筋肉が柔らかくなってリンパの流れが改善します。不意の動作でリンパの圧力が上がることがなくなるので、外リンパを漏らす圧力がかからなくなります。

外リンパ瘻は、外リンパを漏らす圧力が強いほどリンパの漏れが止まらなくなります。外リンパ瘻の患者様は、頭の位置が重心上にないことや、手足の温度が低いことが多くあります。

頭が重心上にないと、絶えず姿勢筋が緊張した状態になります。手足の血流が低下していると、体幹の水分量が多くなるで耳の内耳に圧力が多くかかります。

筋肉を柔らかくして手足の血流を増やすことで、脊髄や内耳のリンパにかかる圧力を動作により強くかからないようにします。

外リンパ瘻を治す障害(体の側彎治療前)
治療前
外リンパ瘻を治す障害(体の側彎治療後)
治療後

頭の位置を重心に戻す

頭の重みは体重の十分の一です。 体に合ったボーリングのボールは体重の十分の一と言われているので、ボーリングのボールを体の頂点に乗せて生活をする様な感じになります。 重心上に頭の重さがあると姿勢筋にかかる負担は最小になりますが、重心から頭がずれた状態で生活すると絶えず筋肉に力を入れることになります。 筋肉に絶えず力を入れる状態になるので、血流や、リンパの流れに影響がでます。リンパ系に圧力がかかることで、外リンパの漏れが大きくなります。 鍼治療は体の奥の姿勢筋を直接刺激ができます。姿勢筋が緩むと自然に頭の位置が中心に戻ります。筋肉の負担がかからなくなるのでリンパ系に圧力がかかりにくくなります。


外リンパ瘻を治す障害(星状神経の緊張で血流が低下した手)
治療前
外リンパ瘻を治す障害(星状神経の緊張が取れて血流が改善した手)
治療後

手の血流を上げる

ストレスが原因で交感神経が緊張すると、末梢の血流が低下します。体幹に血流が回るのでリンパの圧力が上がりやすくなります。手を使う動作が体幹のリンパの流れやリンパ管に影響を与えます。 手の血流が改善すると、体幹の血流やリンパの流れに良い影響がでます。不意の動作でリンパ系にかかる圧力を軽減できます。

ストレスで低下したふくらはぎの血流
治療前
鍼灸治療で改善したふくらはぎの血流
治療後

足の血流を上げる

ストレスが原因で交感神経が緊張すると、末梢の血流が低下します。体幹に血流が回るのでリンパの圧力が上がりやすくなります。足を使う動作で体幹のリンパの流れやリンパ管に影響を与えます。 足の血流が改善すると、体幹の血流やリンパの流れに良い影響がでます。不意の動作でリンパ系にかかる圧力を軽減できます。

局所の耳の治療

外リンパ瘻の鍼治療

耳の周りのツボを使って内耳の血液の流れを良くします。
外リンパ瘻の起きている分部の再生力を高めます。

血流やリンパの流れが改善することで、破れている部分に負担をかかりにくくします。

可能な限り、頭を心臓より下げないことで、リンパ系にかかる圧力を低下させでリンパが漏れている部分にかかり圧力を最低にします。

定期的にオージオメーターを使って聴力の測定をします。
(オージオメーターの検査は当院でできます)
聴力の回復状態により治療刺激を変えて損傷分部の治癒力を上げます。

鍼治療のオージオグラム

外リンパ瘻治療前のオージオグラム
治療前
外リンパ瘻治療後のオージオグラム
治療後

体幹の筋肉を柔らかくすることで、血液の流れや、リンパの流れを改善すると、体の一部分に圧力がかからなくなります。
内耳の治癒力が上がってリンパの流れが改善すると、漏れが少なくなって聴力が回復します。

スーパーライザーを使った治療

外リンパ瘻の星状神経ブロック

スーパーライザーを使って交感神経の緊張をとります。
交感神経に麻酔をする治療(星状神経ブロック)もありますが、当院では、副作用や危険性の面からスーパーライザーを使っています。スーパーライザーと鍼治療をすることで星状神経の緊張が取れると、免疫力が高まり、蝸牛の血流やリンパの流れが改善されます。

音響療法

外リンパ瘻の聴力を検査する
オージオグラムの検査
耳鳴り用CDを制作する
音響ソフトを使ったCDの制作

耳鳴りが残った場合に、オージオグラムの聴力結果に合わせて音響レベルを調整したクラシックのCDを骨導ヘッドフォンで聴く治療をします。鍼治療を併用して音響療法をすることで、耳鳴りを軽減することや、治療することができます。CDは当院で制作します。

外リンパ瘻の治療費

外リンパ瘻の鍼治療費


治療部位
解剖学的に体を区分けした部分を部位といいます。

外リンパ瘻の治療と、体の治療を組み合わせて行います。

外リンパ瘻の治療

局所の耳の治療となります。
初診料 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 290円
※鍼の材料費が別途かかります。

□ 体の治療

頸椎の側彎や下肢の血流等、外リンパ瘻の障害となる部分の治療をします。治療範囲は診察した上でご提案します。

治療にあたり要件を満たすと5部位までは保険を使って治療ができます。保険の範囲を超えた部位は自費での治療となります。

整骨院の保険

外傷性の痛みに3部位まで使えます。

鍼灸院の保険

慢性の痛みに、2部位まで使えます。
鍼保険を使うことで、より効果のある治療ができます。
鍼保険の利用には医師の診断書が必要になります。
※医師の診断書は当院で手配します。

自費での治療

保険の適応範囲を超えた部位について1部位290円となります。

※保険が適応できない場合、3部位までは1部位600円となります。
※鍼治療には鍼の材料費が別途かかります。
※ご予算の中で治療を組み立てることも可能です。
※必要に応じて治療見積もりをお作りします。

■ 治療回数について

聴力が回復する可能性のある期間は毎日の治療となります。
聴力が固定したら、めまい発作を防ぐため一週間に1回から3回の治療となります。
通院が困難の場合、通院可能な日に合わせて治療計画を立てます。


外リンパ瘻の治療費
初診 540円
治療費 3,240円
スーパーライザー 1部位290円
音響CDの作成 5,400円
カウンセリング 10分1,080円
パイオネックス 無料
体の治療費  (詳しくはこちら>>>)
整骨院の健康保険 1~3割
鍼灸院の健康保険 1~3割
保険適応外 1部位290円
検査費用
サーモグラフィー 1,080円
モアレトポグラフィー 540円
オージオグラム 2,160円
材料費  (資料はこちら>>>)
スタンダードタイプ 1本17円
ハイグレードタイプ 1本21円
オリジナルタイプ 1本26円
風船に鍼を刺す鍼治療の練習

鍼治療は体の奥からじっくり治す優れた治療方です。臨床経験が豊富なスタッフがチームを組んで治療にあたりますので、安心してご来院下さい。

※各種の保険の中から、適応ができる保険を提案します。 詳しくはこちら>>>

※治療前に必要に応じて治療見積もりをお作りします。

※症状に対するご相談がある場合は遠慮なくお申し付けください。
初診日、診察日以外で相談をお受けした場合、カウンセリング料がかかります。カウンセリングは始めの10分までを1,080円とし、以降1~10分ごとに1,080円づつ加算されます。

外リンパ瘻の鍼の種類について

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
西洋医学の代替医療として突発性難聴の鍼灸治療に取り組んでいます。
Copyright(C)2014森上鍼灸整骨院AllRightsReserved.
耳鳴り、耳閉感の改善用CDセット